自由な時間を手に入れよ♡海外旅行も夢じゃない!

【コロナ】医師監修「感染リスク9割軽減できる」本オススメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
らぶ先生♡
元無職(笑)仕事ナシ、男ナシ、35歳から『月収100万円』GET!! 大好きな仕事『婚活=マーケティング』を使った、“らぶクラス”を運営中。大好きな仕事をしながら海外旅行も行く! Why?ノマドだから(笑) 現在は、海外移住をして、ニュージーランド在住♡ ブログの内容:ノマド、海外旅行、ニュージーランド♡日本!

コロナ騒動がスタートして、「どうしたら感染しない?」が気になるよね!?ニュースやワイドショーが不安をあおってくるけど、何が正しくて、何をしたら良いか?わからないよね!?本当に正しい知識を発信してる、お医者さんが出版した本がオススメだから、紹介するよ。医師監修「歩くだけでウィルス感染に勝てる!」本オススメ

 

【コロナ】マスコミ・ワイドショーの「不安」をあおる理由?

コロナが不安だから、ニュースやワイドショー、ネットニュースを欠かさずチェックしてる?

ほとんどのメディアがやってることは、不安をあおることだよね!?

 

これには、理由があって、

 

  1. 不安をあおることで、視聴率が上がる
  2. 広告主から高額な費用が貰える
  3. メディアが儲かる

って、仕組みだよ。

 

食事「健康法」がメディアで人気の理由?

コロナ感染リスクを下げる食べ物は?って、特集してるの見たことあるでしょ?

そこには、マスコミの利権が絡んでるよ(笑)

 

  • ヨーグルトが良い
  • 納豆が良い
  • 牛乳が良い

これは、スポンサー企業から、お金もらってるんだよ!

 

本当に、効果があるのは、ウォーキングだよ!

そこで、わかりやすく説明されてる「医師監修の本」を紹介するよ!

 

【コロナ】医師監修「感染リスク9割軽減できる」本オススメ

ウォーキングがどうして、コロナ感染のリスクを下げるの!?って思うよね!?

この本を書いてるお医者さんは、ウォーキングで健康管理を徹底してる人で、普段の診察では、マスクを着用しないで、インフルエンザとかの診察してる人(笑)

 

けど、インフルエンザも風邪も引かない。1日に、何百人って患者に会うのに!?

自分の同僚医師からも「ウォーキング?そんなので感染防げるはずない!」って、ばかにされるんだけど、結局のところ著者が本当に健康だから、医者仲間も見習ってウォーキングをスタートして、健康になる!って、お医者さんの中では、常識!

 

変なサプリ、健康食品も不要で、今日からスタートできるから、ウォーキングをやってみよ!けど、何の知識もないまま「ええ?ウォーキング?そんなの嘘だ!」って、疑いながらスタートしても継続できないから、本で納得してからウォーキングをやってみよ!

 

オススメ本はコレ!

私は、この先生が発行してる本が大好きで、他のシリーズも読んでるけど、お医者さんの独特の難しい言い回しもないし、難しいことを色んな例えを使って、説明してくれるから、本当に読みやすいよ!

 

内容は、

ウィルスの歴史とか、手洗いの効果的な方法とか、意外と知らないことが書いてあるよ。お家の「救急箱」的な書籍として、持ってると良いよ!

【内容情報】(出版社より)
歩行によって、新型コロナ、インフル、ウイルス感染症を予防、克服する!
歩くことがウイルスに最も効果がある!
累計15万部 長尾和宏氏の歩くシリーズ第5弾。

〇ウイルス対策は予防で決まる
1  そもそもウイルスってなに? 生物ではなく物質、細菌との違い、人間よりずっと先輩
2  人類の歴史はウイルスとの闘い 天然痘とコレラ、歴史は繰り返す。隔離政策が奏功。移動の制限の有効性は歴史が証明
3  新型インフルとSARSを振り返る 経験が活かせていない。縦割り行政、致死率が高い病原体には個人レベルでの防衛しかない
4  新型コロナ騒動の教訓を活かす クルーズ船、院内感染、介護施設内感染、縦割り行政、感染研(日本はCDCが無い)
5  なぜライブハウスや屋形船なのか 濃厚接触、接触感染と飛沫感染、空気感染は不明だが密閉空間
6  閉じ込めれば病気になる 高齢者には入院関連機能障害、認知症の悪化
7  「自粛」や「隔離」は高度のストレス 自粛疲れが病気を造る
8  医療機関でウイルスをもらわないためには 病院ほど危険なところはない、安易に病院に踏み入れない、マスクと手洗い
9  都市生活が最大リスク -距離感が大切ー 都市生活では距離感の問題が不可避
10 マスクやワクチンの前にやるべき予防法がある アルコール消毒は有効だけど限界がある、ワクチンも治療薬もない

〇 歩行習慣でウイルスを寄せつけない
11 歩くだけでウイルスに確実に強くなる 結局、抵抗力、免疫能しかない
12 ウイルスは紫外線にとても弱い 紫外線はウイルス対策のためにある
13 ウイルスが一番困ることを知る 寄生できる細胞がいないこと。抗体ができること
14 高齢者が多い山やゴルフ場に感染者がいない理由 空気が動く閉鎖空間ではない
15 セロトニン顔に病気無し
16 「迷走神経生活」のススメ 副交感神経が大切
17 ちょこまか歩行でコロナに克ち、最期はピンコロ
18 タバコこそが最大のリスク
19 糖尿病と気管支喘息の人こそ歩こう
20 歩くだけで重症化リスクの9割が軽減できる

〇かかったらどうする?
21 検査の限界を知る
22 ワクチンや薬に期待しすぎない
23 特効薬より免疫力
24 施設入所者の感染症対策
25 感染症法と歩行の関係
26 新型コロナは風邪のひとつに
27 免疫力は一朝一夕に上がらない
28 ウイルス感染で死なないためには
29 「戦争」から「共存」へ
30 「歩行習慣」が新興感染症に強い日本を創る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新型ウイルスに効くのは、抵抗力・免疫力しかない。ウイルスは紫外線にとても弱い。歩行が新型ウイルスやインフルに強い免疫力と体力を生む。ウイルスは人類の大先輩、上手に付き合おう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 まずはウイルスの正体を知る(そもそもウイルスってなに?/人類の歴史はウイルスとの闘いの歴史 ほか)/第2章 ウイルス対策は予防につきる(密閉空間における集団感染の教訓/閉じ込められると必ず病気になる ほか)/第3章 歩行習慣でウイルスを寄せつけない(歩いて抵抗力・免疫力を上げる!/ウイルスは紫外線で不活化される ほか)/第4章 新型コロナウイルスに感染したらどうする(PCR検査の限界を知る/ワクチンや薬に過度な期待をしない ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
長尾和宏(ナガオカズヒロ)
1958年香川県生まれ。1984年東京医科大学卒業、大阪大学第二内科入局。1995年長尾クリニック開業。医療法人社団裕和会理事長、長尾クリニック院長。医学博士。日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、指導医、日本内科学会認定医、日本在宅医学会専門医。労働衛生コンサルタント。日本ホスピス・在宅ケア研究会理事、日本慢性期医療協会理事、日本尊厳死協会副理事長、全国在宅療養支援診療所連絡会世話人、エンドオブライフ・ケア協会理事。関西国際大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

らぶ!
らぶ先生!

35才、資格、仕事なしから、フリーランス→月収100万円以上!

 

私の「赤裸々な失敗談→プロノマド」になる!っての動画にしてるよ。

ラジオ的に勝手に話してるからさ、ちょっとお付き合いくださいまし!

  • 無職
  • 35歳
  • 資格なし
  • 経験なし

って、スタートして(笑)

 

  • 株式会社持ってる
  • 社長サン
  • 月収100万円以上
  • 生徒も稼いでる
  • 100%完全ノマド

だよ!

 

嘘っぽいよね!?

私も知らないで、コレだけみたら嘘だ!?ってなるけどさ、本当なんだよー!

 

私が運良かっただけじゃなくて、ミンナが方法を知らないだけだよ!

 

だから、ノマドの初心者さんでも楽しく学べるようにクラスを作ったよ!

 

無料クラス>>

プロノマドが教える「初心者」完全入門編

この記事を書いている人 - WRITER -
らぶ先生♡
元無職(笑)仕事ナシ、男ナシ、35歳から『月収100万円』GET!! 大好きな仕事『婚活=マーケティング』を使った、“らぶクラス”を運営中。大好きな仕事をしながら海外旅行も行く! Why?ノマドだから(笑) 現在は、海外移住をして、ニュージーランド在住♡ ブログの内容:ノマド、海外旅行、ニュージーランド♡日本!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© らぶ先生の「ノマド」クラス! , 2020 All Rights Reserved.